誰でも簡単にできる珈琲の淹れ方をご紹介します。
上手に淹れればもっとおいしくなりますよ。
店頭にてサービスコーヒーをお出しする際に実演していますので
ぜひ見に来てください。

使用器具

まず、珈琲を淹れる際に使う器具をご紹介します。

ドリップポット サーバー ドリッパー

さぁ、これらを使って美味しい珈琲を淹れてみましょう!



美味しい珈琲の淹れ方


(1) 沸騰したお湯を別のポットに移す。
カップやポットを温めるためのお湯なので少しで大丈夫です。
(2) サーバーの上にドリッパーを乗せ、(1)のポットからお湯を注ぎ入れる。
サーバーとドリッパーも温めておきましょう。
(3) ポットは一度空にして、新たにお湯をポットに移す。
お湯の温度を少し落とします。
(4) ドリッパーにコーヒーペーパーをセットして、珈琲の粉を必要な分入れる。
粉の目安は10gで、100〜120tの珈琲を抽出しましょう。
サーバーのお湯はカップに移します。
(5) ポットのお湯を粉全体に乗せるように静かに回し入れる。
お湯が下に落ちない程度の少量を。
注ぎ口の細いドリップポットだとやりやすいです。
(6)
そのまま30秒ほど蒸らす。

新鮮な珈琲豆だとふっくら膨らみます。
ゆっくり待ってあげましょう。
(7)
お湯を真ん中から
ゆっくりと注ぎ入れる。


ペーパーにお湯がかからないようにし、
お湯は落ち切らないように随時注ぎ足しましょう。
(8) サーバーに必要な分の珈琲が落ちたらドリッパーを外す。
最後の方のドリッパー内の珈琲は雑味が多いので、もったいないですがよけてください。
(9)
温めておいたカップのお湯は捨て、
サーバーの珈琲をカップに注ぎ入れる。


雑味が混ざっていないおいしい珈琲です。
もし濃く感じたら少量のお湯を注ぎ足してみてください。